長期休暇はゆっくり過ごして体を癒す!湯治という手段!

そもそも湯治って何?

湯治は、簡単に言うと温泉を活用した体調管理です。昔は現代よりも薬が進歩していなかったので、温泉で湯治をすることが良い体調管理となっていました。時は経ち、現代は様々な薬が出来上がったので湯治の役目は終えたかのように思えます。しかしそれは全くの間違いで、湯治をすれば身体のリズムを調えることができます。特定のガンなど病気を治癒させる効果は認められていませんが、自律神経を調えて明日への活力とするのは十分可能です。湯治は場所によりけりですが最低でも一週間は滞在しなければいけません。温泉に正しく入り、健康的な食事をして森林浴などを組み合わせれば更に効果的な湯治になります。昔からの知恵を、我々はしっかりと受け継いで活用しなければなりません。

どの温泉を選べば良い?

湯治をする際は、湯治を受け入れている湯治宿というものがあるので、そこで相談してみます。普通の旅館でも湯治プランを作っている場合があります。ただ、もっと有意義に過ごすには温泉の適応症にも注目したいです。各温泉はキズに効く、胃に効くなど様々な効果を謳っているので、今の自分の状態と照らし合わせて選びます。また、個人差で硫黄のにおいが好きであったり透明の湯が好きなどあるので、自分が好きそうな温泉を選びたいです。もしくは、一度その温泉に日帰り入浴してみて、もっと長く滞在したいと感じたら湯治利用しても後悔はしません。湯治をすると、心身共に清々しくなり、乱れていた生活が規則正しくなります。今ではマイナーな存在となってしまいましたが、驚きの効果は体験してみないと分かりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です